何故ストレスが原因でにきびができるの?

質問

27歳銀行員です。
頬から顎にかけて、にきびがひどく、お化粧をするのも嫌なくらいです。
皮膚科に行って診てもらったら、ストレスが原因だといわれました。
確かに、部署の移動などでストレスを感じていました。
ストレスは何故、にきびになるのでしょうか?

答え

ストレスというのは色々な病気の原因にもなります。
本当に怖いのですよ。
にきびの原因がストレスという事も多く見られます。
では、ストレスが何故、にきびを作ってしまうのでしょうか?

ストレスはホルモンのバランスを崩す

ストレスとは、緊張状態にあるという事です。
すると、血流は滞り、巡りを悪くします。
血流が悪くなると活性化させようと、ジヒドロテストステロンというかなり強力な男性ホルモンが多く分泌します。
これが、にきびの原因となるのです。
ストレスはホルモンのバランスを崩してしまうという事です。
にきびができると、とても気になりませんか?気にすると、それがまたストレスとなります。
するとにきびを作る原因になる…にきびができる…という悪循環が起こりかねませんので、注意が必要です。

ストレスを溜めない

ストレスはとにかく溜めない事。
ストレスを感じるなといっても難しいですよね?ストレスはいやな事で受けるだけでなく、嬉しいことでも受けるのです。
結婚、引越、出産、入学など、環境の変化はみなストレスとなってしまうのです。
ですから、にきびを作らないためにも、ストレスを上手に発散させる方法を探しましょう。
スポーツでもいいですし、趣味に打ち込むのも良いでしょう。
ゆっくりとお風呂に浸かるのもひとつの方法かもしれません。
好きな音楽を聴きながらゆったりとした時間を過ごしたり、美術館でアートに親しむのも落ち着けるかも。
自分に合ったストレス解消方法を見つけて、にきびを作らないようにしたいですね。

フィード